AHDの転職と就労支援 > ADHDであることによってケアレスミス

AHDの転職と就労支援

ADHD当事者が転職・就職を検討するサイトです。

ADHDであることによってケアレスミス

ADHDであることによってケアレスミスを起こしやすくなるのですが、本当に困るのは何かというとそれらの失敗により評価が下がりきつい言葉を浴びせられ退職せざるを得ない状況に追い込まれてしまうことです。就職活動のプロセスも一般枠か障害者枠かでは変わってきます。普通の方と同等の条件で雇用されることを一般雇用といいます。自分が苦手なことを公開するかどうかは個人個人の考えによります。自分が言わない限り、障がいが企業に伝わることは基本的にありません。
給料が支払われるということなので、ひとりだけ仕事を選り好みしたいとはADHDの人を一番悩ませる症状は「ケアレスミスの多さ」「確認ミスの多さ」であるため、不注意による失敗がある程度許される社風や業務をすることが社会生活を成り立たせるための近道です。

各県のハローワークでは面接の為のサポートをしてくれます。発達障害の人は面接で不用意な発言をしてしまうので、希望の職種や、前職を辞めた理由などを上手に説明できるように練習しました。障害者雇用の枠を利用した採用の場合、クビにしにくいため解雇されにくいという特徴があります。待遇面では通常の契約社員の方などと同じような条件で雇用している会社がたくさんあります。就労移行支援事業所は障害者手帳がなくとも障害福祉サービス受給者証を持っていれば利用することができます。


ただ、就労移行支援を使った場合でも障害者枠で採用されるためには障害者手帳を持っていなくてはなりません。面倒くさいと思わず、したことがない訓練をなるべく沢山経験してください。

職業訓練や企業実践など、働く上で役立つ内容をたくさん学ぶことができます。積極的に学ぼうとすること自体も就職後の自分のためになります。


ADHDの特性を持っている人は失敗が大きな問題になりうる業務よりミスをリカバリーできる仕事の方が働きやすいようです。
自分の経験の中で二度としたくないと思うことや積極的にできた仕事などを紙に書き出してみましょう。


特定の作業で繰り返し同じ失敗をした経験があるならばそのような職種は優先度を下げた方が良いでしょう。
周りから見ていると簡単そうに見える仕事でもいざ体験してみると思ってもいなかった大変さに気付くということは誰でも経験したことがあるでしょう。面白いことをたくさん思いつく才能があっても疎まれることがおおく、特性に合わない作業ばかり回ってこないというのが発達障害のツライところだと思います。
トライアル雇用を選択して会社に就職し、実務経験を積むという方法があります。正社員として働いているADHDを抱える人の割合は低く正社員の割合は2割ほどで、60%程はそうではないという情報もあります。


向いていない仕事をしていると、心が病んでしまい「うつ病」につながる場合もあります。問題が大きくなる前に自分の特性にあった仕事を検討し始めるとニッチモサッチモいかないという状況を回避できるでしょう。

発達障害を抱える人はコミュニケーションで気持ちが沈みがちなので普段から悩みすぎないように意識することが大切です。

就職を考える時、自分の障害を説明するのか上手く誤魔化すのかは誰もが悩む問題だと思います。


働き始めた時のことを想定すれば不得意なことを説明しておいたほうが働きやすいことは明白です。
悩ましいのは苦手なことを伝えた上で採用してもらえるかどうかということです。
Copyright (c) 2014 AHDの転職と就労支援 All rights reserved.
▲ページの先頭へ