AHDの転職と就労支援 > ADHDの傾向がある人は細かいチェックが

AHDの転職と就労支援

ADHD当事者が転職・就職を検討するサイトです。

ADHDの傾向がある人は細かいチェックが

ADHDの傾向がある人は細かいチェックが必要な仕事より失敗しても取り返しがきく仕事の方が長く続けられると言われています。今までの仕事の中で仕事を辞めたくなった出来事や他の人より上手にできた仕事を整理してみましょう。

失敗が仕事に大きな影響を与えた作業があれば、そのような職種はできるだけ避けが方が良いでしょう。障害者雇用の場合、会社が社員をクビにする条件が厳しいのでクビになりにくいというメリットがあります。仕事の面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員の方などと同じような条件で雇用している会社がたくさんあります。ADHDの症状によって確認漏れやケアレスミスを繰り返してしまうのですが、本当に困るのは何かというとそれらの失敗により評価が下がりきつい言葉を浴びせられ会社に居づらくなってしまうことです。


無理をして自分に合っていない仕事を続けていると精神的に参ってしまいうつ病などの精神疾患を抱えてしまうこともあります。

困り感が我慢できないほど強くなる前に転職先を検討し始めると自分を守る結果に繋がるでしょう。
就職活動のプロセスも一般雇用かトライアル雇用かでは変わってきます。
普通の方と同等の条件で雇用されることを一般雇用といいます。



自分が苦手なことを公開するかどうかは各々の価値観によります。本人が公開しなければ障がいが会社にバレることはあまりおきないでしょう。転職する時、自分のできない部分を正直に話すのか隠すのかは誰もが悩む問題だと思います。



採用後のことを考えればできないことを理解してもらっておいたほうが働きやすいことは明白です。悩ましいのは特性を説明した上で採用してもらえるかどうかということです。
トライアル雇用の求人を選択してどうにか就職し、正社員を目指すという方法があります。


正規雇用で働いているADHDの人の割合は低く正社員の割合は2割ほどで、非正規の割合がかなり高いという情報もあります。


ADHDであるという事実を隠して勤務するということは自分だけ簡単な仕事をさせて欲しいとは説明しにくいものです。ADHDの当事者を最も悩ませる特性は「不注意による失敗」「確認ミスの多さ」であるため、チェックミスや確認不足が大きな問題とならない仕事の内容を選ぶ必要があります。発達障害を抱える人は会社やコミュニティで鬱な気持ちになりやすいのでできるだけ気にしすぎないように努力することが大切です。



就労移行支援をしている事業所は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証を持っていればサービスを利用できます。ただ、就労移行支援を使った場合でも障害者雇用の制度を利用するなら障害者手帳を取得している必要があります。誰かがやっているのを見ていると大したこと無さそうな仕事でも身体を動かしてみると想像と全く違ったということは誰でも経験したことがあるでしょう。得意なことがあっても疎まれることがおおく、やりたい仕事ををせせてもらえる機会が回ってこないというのがADHDの悲しい運命です。「資格があるから充分」と考えず、いろいろな訓練をどんどん受けてみてください。面接の練習や企業実践など、就職に活かせる内容が盛り沢山です。
積極的に学ぼうとすること自体も就職後の自分のためになります。各県のハローワークでは企業面接の訓練もしてくれます。ADHDの人は面談でボロが出てしまうので、工夫している点や、志望動機などを話せるように訓練しました。
Copyright (c) 2014 AHDの転職と就労支援 All rights reserved.
▲ページの先頭へ